ファーウェイ、独自OSを公開 スマホでの利用開始は「いつでも」

ファーウェイが独自OS「鴻蒙(ホンモン)」を発表した/FRED DUFOUR/AFP/Getty Images

ファーウェイが独自OS「鴻蒙(ホンモン)」を発表した/FRED DUFOUR/AFP/Getty Images

香港(CNN Business) 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が独自の基本ソフト(OS)「鴻蒙(ホンモン)」を発表した。米中間の貿易摩擦が激化するなか、新OSのスマートフォンでの利用開始は「いつでも」可能だとの姿勢を示している。

トランプ米政権が5月にファーウェイを禁輸措置対象リストに加えたことで、ファーウェイはライセンスを持たない米IT企業の技術やソフトウェアを利用できなくなった。この影響で、ファーウェイは自社端末でのグーグルのOS「アンドロイド」の使用が制限されている。既存の端末に影響は出ないが、新しい機種ではグーグルのアプリやメールサービスなどが利用できなくなる。

ファーウェイ幹部は、独自OSについてアンドロイドやアップルの「iOS」と全く異なるものと説明。スマートフォンでいつでも使用を開始できるが、今のところは、アンドロイドを優先しているという。

同幹部は「アンドロイドが使えなくなった場合には、ホンモンに切り替える」と指摘。アンドロイドからホンモンへの移行は難しいものではないという。

ファーウェイによれば、ホンモンはまず、同社製のスマートウォッチやスマートスピーカーなどに採用される見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]