米グーグルのOSやアプリ、ファーウェイのスマホで利用制限

グーグル、ファーウェイ製スマホでの利用制限

香港(CNN Business) トランプ米政権が中国のスマートフォン大手ファーウェイ(華為技術)を規制対象としたことを受け、米グーグルがファーウェイによるスマートフォンOS「アンドロイド」やアプリの利用を制限する方針であることが分かった。

ファーウェイは2020年までに韓国のサムスンを抜いてスマートフォンの世界最大手になるという目標を掲げてきたが、今回の措置は大きな打撃となりそうだ。

米中の貿易戦争がエスカレートする中で、米政権は15日、米国企業が政府の許可なくファーウェイと取引することを禁止した。

グーグル広報は20日、「命令に従い、影響について調べている」と説明した。

ファーウェイは現在、スマートフォン販売で世界2位に位置しているが、同社のスマートフォンはOSのアンドロイドをはじめ、アプリストア「グーグルプレイ」といったサービスの多くをグーグルに依存している。

グーグルはそうしたサービスの大部分について、ファーウェイが利用できないようにする方針と報じられている。

ファーウェイが今後も利用できるのは、公開版のアンドロイドのみ。グーグルが提供するアプリやサービスは利用できなくなる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]