独で開発のマイクロカー、「カニ走行」や変形も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開発中の小型EVが普及した場合の予想図。自動運転システムが作動し、各車とも必要最小限の車両間隔を保ったまま走行する=独DFKI提供

開発中の小型EVが普及した場合の予想図。自動運転システムが作動し、各車とも必要最小限の車両間隔を保ったまま走行する=独DFKI提供

開発チームでは、この車を何台か街の「ステーション」に置いておき、住民らが共同で使うというシステムも考えている。車を使いたい時は最寄りのステーションへ行って、必要な距離の分充電されている車を選べばいい。

ただし、この車で道路を走行するための法的許可は得られていない。また自動車メーカーに売り込もうと何社か試乗に招いたが、その先の取引へと進展する例はなかった。「現状で自動車メーカーが購入を検討するのは部品メーカーの提供する特定の装置であって、車両システム全体に関してはその限りではない」と、同責任者は説明する。

それでもチームは、引き続き自動運転や自動駐車といった機能の研究に励んでいる。前出の責任者は、かつては存在すらしていなかったスマートフォンが飽和状態といわれるまでに普及したことを引き合いに出し、今後10年間のうちに大手メーカーから自動運転車が続々発表されるとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]