ビットコインの次は柴犬印の「Dogecoin」? ファン増加

(CNN) 仮想通貨のビットコインが注目を集める中、柴犬をマスコットにした新しい仮想通貨「Dogecoin(ドージコイン)」が登場し、ファンを増やしている。別荘を売ってまでこのコインを入手しようとする男性も現れた。

ミネソタ州に住む起業家のマット・トンプソン氏(27)は、ドージコイン1億枚と引き換えに、ウィスコンシン州にある別荘を売りに出した。

ドージコインはビットコインのパロディー版としてプログラマーのビリー・マーカス氏が開発し、2013年12月に公開した。冗談からスタートした仮想通貨だったが、ユーザー間の取引で時価総額は6500万ドル(約66億円)を突破し、交流サイトのRedditにはファンの集まるコミュニティーができた。

トンプソン氏は2011年以来のビットコインユーザーで、ドージコインはネットで公開された2日後から売買を始めた。

別荘との交換を思いついたのは、通常の不動産市場で売りに出してから数カ月たっても買い手が現れなかったため。そこで注目を集めようと、ドージコインでの支払いに応じることにしたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]