200万件のアカウントが盗難被害に、FBやGメールなど

ニューヨーク(CNNMoney) フェイスブックやグーグルなどインターネットサービス大手の200万件のアカウントのユーザー名やパスワードがハッカー集団に盗まれていたことが5日までに分かった。米セキュリティー企業トラストウエーブが発表したリポートで明らかになった。

トラストウエーブの調査員らによると、この大規模なデータ流出は、世界中の無数のコンピューターに悪意を持ってインストールされたキーロギングソフトが原因だという。

このウイルスは過去1カ月間に大手サイトへのログインに必要なユーザー名やパスワードなどの認証情報を盗み、それらをハッカーらが管理するサーバーに送信していた。

トラストウエーブの調査員らは11月24日にオランダにあるそのサーバーを突き止め、そのサーバーから9万3000以上のウェブサイトの認証情報を発見した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]