WWW公開から20年、「世界初のウェブサイト」を復元 CERN

1993年4月30日にCERNがウェブを初公開=CERN提供

1993年4月30日にCERNがウェブを初公開=CERN提供

(CNN) ワールドワイドウェブ(WWW)が世界で初めて一般に公開されてから4月30日で20周年を迎えた。欧州合同原子核研究所(CERN)はこれを記念して、初のウェブサイトの復元版を公開している。

WWWは英国の物理学者ティム・バーナーズリー氏が1989年にCERNで考案し、命名した。当初は研究者間で情報を共有する手段としてスタートしたが、1993年4月30日、CERNが一般への公開を発表した。

CERNの最初のウェブサイトは、ウェブの使い方とウェブサーバーの設定方法について解説する内容。このサイトは、バーナーズリー氏の「NeXT」コンピューターを使って運営されていた。NeXTは、故スティーブ・ジョブズ氏が米アップルに復帰する前に設立した会社。

このコンピューターはまだ、スイス・ジュネーブのCERN本部にあるという。ただし最初のウェブサイト運営にはもう使われていない。

1993年当時の記録に残るウェブサーバーの数は400台あまりで、WWWがインターネットのトラフィックに占める割合はわずか1%程度。残りは電子メールやファイル転送などが占めていた。

それから20年。今やWWWは世界中に普及し、約6億3000万のウェブサイトが存在している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]