ロシア生まれのテニス選手、国籍を変更 ウィンブルドン出場禁止を回避

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナテラ・ザラミズ選手/Onur Ãoban/Anadolu Agency/Getty Images

ナテラ・ザラミズ選手/Onur Ãoban/Anadolu Agency/Getty Images

(CNN) ロシアのウクライナ侵攻を受けテニスのウィンブルドン選手権が全ロシア人選手に科した出場禁止措置を回避するため、ロシア生まれのナテラ・ザラミズ選手が国籍をジョージア(グルジア)に変更したことが分かった。

ザラミズ選手はダブルスのスペシャリストで、世界ランクは43位。女子テニス協会(WTA)のウェブサイトでは現在、ジョージア国籍と正式に記載されており、ペアを組むアレクサンドラ・クルニッチ選手(セルビア)と今月27日開幕のウィンブルドンに出場する資格を得たことになる。

ウィンブルドンが4月にロシアとベラルーシの全選手の出場を禁止した後、男子プロテニス協会(ATP)とWTAはこれに反発。本来ならウィンブルドンでの成績に伴い付与されるはずのランキングポイントを認めない方針を打ち出している。

男子世界ランク1位のダニル・メドベージェフ選手や女子6位のアリーナ・サバレンカ選手など、一部のスター選手はウィンブルドンに出場することができない。

ウィンブルドンの広報は英紙タイムズに掲載された声明で、ザラミズ選手の国籍変更を阻止することは不可能だったと説明した。ザラミズ選手は全仏オープンには中立の立場で出場していた。

ロシアとベラルーシの選手への禁止措置をめぐり、テニス界の対応は割れている。全米オープンは先週、今年の大会ではウィンブルドンの例に倣わず、両国の選手に中立的な立場で参加する資格を与えると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]