「イカゲーム」の制作者、続編実現を明言 他に「選択肢ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「イカゲーム」の制作者、黄東赫(ファンドンヒョク)氏=8日、米カリフォルニア州ハリウッド/Matt Winkelmeyer/Getty Images

「イカゲーム」の制作者、黄東赫(ファンドンヒョク)氏=8日、米カリフォルニア州ハリウッド/Matt Winkelmeyer/Getty Images

(CNN) 米ネットフリックスのヒット作、「イカゲーム」の制作を手掛けた韓国の黄東赫(ファンドンヒョク)氏がこのほど、続編をつくる考えを明らかにした。

黄氏は8日、米ロサンゼルスでのイベントで取材に応じ、同作への反響の大きさを踏まえると続編制作以外の「選択肢はない」と説明。シーズン2への需要や愛、注目度が非常に高いことから、この他の選択肢はないと感じていると語った。

続編の構想については「大まかな案はあるが、時期や方法について具体的に語るのはまだ早すぎると思う」とした。ただ、主人公のソン・ギフンが戻ってきて「世界のために何かをする」のは約束できるという。

ネットフリックスの広報担当者はCNNに対し、続編の話し合いは進めているが、黄氏が言及した作品に関しては確認していないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]