ブリトニー・スピアーズさん、トップレス写真連投の理由を説明

ブリトニー・スピアーズさんがインスタグラムにトップレスの写真を連続投稿/Valerie Macon/AFP/Getty Images

ブリトニー・スピアーズさんがインスタグラムにトップレスの写真を連続投稿/Valerie Macon/AFP/Getty Images

(CNN) SNSへの投稿を減らすと宣言していた米歌手ブリトニー・スピアーズさんだが、ここにきてインスタグラムの公式アカウントにトップレス写真を連投している。一連の写真には手で胸を覆う様子が写っている。

スピアーズさんは写真に添えた文章でまず、「1週間の間に豊胸手術を受けたわけではないし、妊娠もしていない。写真の胸はたくさん食べているから」と説明。

さらに「私の体の写真をもっと見せる前に、肌の露出についての私の考えを理解してほしい」と続け、「私の意見では、セクシーな女性が服を脱ごうとするとすぐ反応するのは全くおかしい。ストリップクラブやショーの話ではなくて、夏の車内でバカみたいな長袖を着ていることに気付くような現実的なレベルで」とつづった。

トップレス写真を投稿する理由については、「私はこの世界に裸で生まれてきたから」と語り、「正直、世界がずっしり私の肩にのしかかっているような感じがしていて、そんな風に自分のことを見ていた」と明かした。

「もっと軽やかな自分を見たかった。生まれた時のように裸の自分を」「最も純粋な形の私を見るのは最高の気分。痛み、傷、涙、重荷は本当の私ではないという証しを与えてくれる」「私は1人の女性。美しく、繊細で、自分の最も純粋な姿を見る必要のある女性です」と記している。

スピアーズさんは精神衛生をめぐる懸念から10年以上にわたり成年後見人制度を適用され、現在は後見終了を求め裁判で争っている。

今月9日にはアボガドの動画に添えた説明文で、「このところ嫌なニュースがあって、私に関して意地悪なひどいうそを言っているから」として、投稿を減らす考えを示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]