五輪銀メダリスト、男児の手術費用支援でメダル競売に 落札企業が返却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銀メダルを獲得したマリア・アンドレイチク選手=7日、東京/Martin Meissner/AP

銀メダルを獲得したマリア・アンドレイチク選手=7日、東京/Martin Meissner/AP

(CNN) 東京オリンピック(五輪)の女子やり投げで銀メダルを獲得したポーランドのマリア・アンドレイチク選手(25)がこのほど、生後8カ月の赤ちゃんの心臓手術費用を工面するため、メダルを競売に掛けた。

アンドレイチク選手は予選1位で決勝に進出したものの、決勝では中国の劉詩穎選手に1.73メートル及ばず銀メダルとなった。五輪のメダル獲得は自身初だった。

しかしアンドレイチク選手は11日、生後8カ月の赤ちゃんの手術費用を募るため、メダルを競売にかけると発表。「決心するのに時間はかからなかった」とつづった。

男児の母親によると、ポーランド国内で息子を救える手段はもう残されておらず、米カリフォルニア州スタンフォードでの手術が最後の希望だという。アンドレイチク選手の説明では、手術に必要な額は150万ズウォティ(約38万3000ドル=約4200万円)。このうち半分は既に集まっており、同選手は残りの半分を調達したい考えだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]