東京五輪銀メダルの英陸上選手に暫定資格停止処分、ドーピング違反の疑い

東京五輪陸上男子400メートルリレーの決勝で走るチジンドゥ・ウジャ選手/Cameron Spencer/Getty Images

東京五輪陸上男子400メートルリレーの決勝で走るチジンドゥ・ウジャ選手/Cameron Spencer/Getty Images

(CNN) 東京オリンピック(五輪)の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した英国のチジンドゥ・ウジャ選手に対し、ドーピング違反による暫定的資格停止処分が下った。世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット(AIU)」が14日までに明らかにした。

このまま失格となれば順位は3位のカナダが銀、4位の中国が銅メダルに繰り上がる。金メダルは僅差でイタリアが獲得していた。

AIUによると、大会中に行われた検査でウジャ選手から禁止薬物のオスタリンとS―23が検出されたという。

AIUは声明で、国際検査機関(ITA)の結論を待ってから実際にドーピング違反があったのか、五輪に関連して、必要な場合はいかなる処分を科すべきなのかを判断すると述べた。

AIUは、このほかにも3人の選手が東京大会中のドーピング違反で暫定資格停止処分となったことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]