砂漠を徒歩で横断、故国から出場できず――8千万人を代表する難民選手団の思い

開会式で行進する難民選手団/Franck Fife/AFP/Getty Images

開会式で行進する難民選手団/Franck Fife/AFP/Getty Images

東京(CNN) 東京オリンピック(五輪)の陸上男子5000メートルに出場する難民選手団のジャマル・モハメド選手は、号砲が鳴った瞬間、緊張感がかき消えるという。

「いつもそうなんだ」とモハメド選手は話す。「号砲が鳴ると緊張感が持続しない。ただ走ることと、みんなについていくことに集中する」

3日に行われる5000メートルに向けて着実に準備を進めてきたモハメド選手。しかし時には自分の過去を振り返り、現在の自分に思いをはせることもある。

2010年、モハメド選手はアフリカ東部スーダンのダルフールを離れ、3日間かけてイスラエルを目指した。途中、エジプトのシナイ砂漠を徒歩で横断する過酷な行程だった。

スーダンで政府を後ろ盾とする武装組織のジャンジャウィードに父を殺害されたモハメド選手は、家族を支えるために、幼い頃から働かなければならなかった。

今はイスラエルのテルアビブで新しい人生をスタートさせ、陸上選手としてのキャリアを築いて、3日に自身の人生で最大のレースに臨む。

国際オリンピック委員会(IOC)の難民選手団がデビューした16年のリオデジャネイロ大会には、10人の選手がオリンピック旗の下で出場した。今大会は29人が12競技に出場している。

「私は世界中でより良い場所を求めて故国を離れた8000万人のために出場し、その目標の達成を支援する」とモハメド選手は決意を語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]