ポーランド、亡命希望のベラルーシ五輪選手に人道ビザ発給 夫も隣国に出国

亡命希望のベラルーシの五輪選手に、ポーランドが人道目的のビザを発給した/Issei Kato/Reuters

亡命希望のベラルーシの五輪選手に、ポーランドが人道目的のビザを発給した/Issei Kato/Reuters

(CNN) 東京オリンピック(五輪)のベラルーシ代表、クリスチナ・チマノウスカヤ選手が同国代表チームから帰国を強制され、自国で投獄の恐れがあると訴えて亡命を求めていた件で、隣国ポーランドが2日、人道目的の査証(ビザ)を発給した。

ポーランドの外務次官はツイッターで「ポーランドは彼女のスポーツキャリアの継続に必要なことをすべて行う。いつでも連帯を支持する」と述べた。

ロイター通信によると、チマノウスカヤ選手はポーランド大使館に入っていく姿が見かけられた。

チマノウスカヤ選手は2日の陸上女子200メートルへの出場を予定していた。だが、1600メートルリレーに自分の同意なくエントリーされたとベラルーシのスポーツ当局を批判したところ、代表チームから強制的に帰国を命じられていた。同国のスポーツメディアに対して、この距離を走った経験はなく、リレーへの参加決定に怒りを覚えると語っている。

ベラルーシ・スポーツ連帯財団のアナトール・コタウ氏によると、チーム関係者が1日午後、帰国が決まったので荷物をまとめるように伝えにきたという。同財団はベラルーシ当局の抑圧を受けた選手を代表する機関で、コタウ氏はチマノウスカヤ選手と直接連絡を取っている。

在日ベラルーシ大使館は2日、ベラルーシの外交関係者が事情の説明のため空港に出向き、必要があれば領事上の支援を行うと申し出たとの声明を発表。だが、日本側からチマノウスカヤ選手の情報を得ることはできず、選手個人との連絡も取れていないとしている。

コタウ氏によると、チマノウスカヤ選手は1日午後10時50分発のトルコ・イスタンブール行きの便に搭乗予定だった。空港到着後すぐに警察官に近づき、政治亡命の申請を求めたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]