自動車事故のタイガー・ウッズさん、救急要員到着時は「意識があり冷静」

ウッズさんが運転していたSUV。救急隊員の到着時には意識があり、冷静だったという/KABC

ウッズさんが運転していたSUV。救急隊員の到着時には意識があり、冷静だったという/KABC

ロサンゼルス(CNN) 米ロサンゼルス近郊で23日に自動車事故を起こしたプロゴルファーのタイガー・ウッズさん(45)は、救急要員が到着した際には意識があり冷静だったことがわかった。当局が明らかにした。

ウッズさんは23日午前7時ごろ、ロサンゼルス近郊で、運転していたスポーツ用多目的車(SUV)が中央分離帯を越え、2車線の道路を通過し、縁石や木にぶつかり、道路わきの茂みに転落した。

ロサンゼルス郡の保安官事務所によれば、最初の保安官代理が現場に到着した際、ウッズさんはシートベルトを着用して車内にいた。ウッズさんは自分の名前がタイガーだと答えることもできたという。

保安官代理によれば、ウッズさんは意識がはっきりしており冷静だったが、ショックを受けていたよう。ウッズさんは当時はけがについては心配していなかったようだったという。

消防隊員がバールやおのを使ってウッズさんを救出した。

ウッズさんは病院へ搬送された。両脚を負傷したが容体は安定していた。

保安官代理らによれば、事故ではフロントガラスが割れるなどしており、死亡事故につながる可能性もあった。しかし、エアバッグやシートベルトのおかげで助かったという。

保安官によれば、ウッズさんは事故時、高速で丘が連なる場所を下っていた。タイヤのスリップ痕やブレーキをかけたことを示す痕跡などは残っていないという。

ウッズさんは週末、全米プロゴルフ協会のイベントに参加したが、最近腰部の手術を受けたことからプレーはしていなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]