米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終回、中国で配信されず

米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終回が配信されず、中国のファンから非難の声があがった/Wang yadong/ICHPL/Imaginechina via AP

米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終回が配信されず、中国のファンから非難の声があがった/Wang yadong/ICHPL/Imaginechina via AP

北京(CNN Business) 米HBOが手掛けている人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終回の配信が直前で延期となり、中国のファンから悲鳴があがっている。配信の権利を保有する中国のIT大手、騰訊(テンセント)に対して返金を求める声や、米中間の貿易摩擦が影響を及ぼしたとの見方も出た。

最終回は当初、20日に配信される予定だった。しかし、テンセントは同日午前、送信に問題が生じたとして延期を発表した。テンセントは最終回の新しい配信日や詳細について明らかにしていない。

HBOは声明で、コンテンツの配信について問題は起きていないとし、それ以上の説明についてはテンセントから得るよう述べた。

ゲーム・オブ・スローンズは中国でも人気を博し、物語の展開についてSNS上でもリアルタイムで話題になるなどしていた。今回の配信延期について、激しさを増す米中間の貿易摩擦が影響したとの見方も出ている。

中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」には、「次は何だ。中国と米国の間のインターネットを切断するのか?」といった投稿もあった。

約1年にわたって続いている米中間の貿易摩擦は数週間前から、さらに対立が激化している。トランプ大統領は今月に入り2000億ドル規模の中国製品に対する関税の引き上げを発表。中国も報復措置として約600億ドルの米製品について関税を引き上げると明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]