米中通商協議、合意なく終了

トランプ政権、対中関税引き上げ

(CNN) 米中両政府の交渉団は10日午前、2日間の日程で行った通商協議を合意なく終えた。中国製品に対する関税引き上げを回避すべく土壇場の交渉を進めたものの、局面打開には至らなかった。

2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対する追加関税は10日午前0時1分に10%から25%に引き上げられた。米政権内では、10日の交渉で追加関税の撤廃に至るとの楽観的な見方は少なかった。

トランプ大統領はツイッターで、関税引き上げが米国に恩恵をもたらすだろうと主張。「関税で我が国ははるかに強くなる。弱くなることはない。落ち着いて様子を見よう」「中国は土壇場で米国と再交渉するべきではない」と述べた。

トランプ氏は、関税引き上げが経済成長を脅かしかねないとする経済界や共和党内の警告を無視して追加関税に踏み切った。経済成長はトランプ氏の来年の大統領選再選で重要な要素となる。

トランプ氏は前日、関税引き上げを躊躇(ちゅうちょ)しない姿勢を示し、ほぼ全ての中国製品に追加関税をかける可能性にまで踏み込んだ。10日にはツイッターで、大統領選に出馬表明した民主党候補であれば同じ状況で行き詰まっただろうと主張、強硬な交渉姿勢を政治的なアピール材料にする構えを示唆した。

1週間前には米政権高官は中国との協議妥結に自信を見せていた。だがその後、対応を後退させた中国側と強気のトランプ氏との間で楽観論は消えた。

中国側の交渉団は劉鶴(リウホー)副首相、米国チームはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官が率いた。9日夕の交渉は米中間の溝を埋めることがでないまま終了。2日目の協議も2時間ほどで終わった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]