女子サッカーファン50人、凶器保持で締め出し CL試合

試合後にスタジアムの外で発煙筒などを用いるPSGのファン/Catherine Ivill/Getty Images Europe/Getty Images

試合後にスタジアムの外で発煙筒などを用いるPSGのファン/Catherine Ivill/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) ロンドン警視庁は23日までに、女子サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の試合に向かうフランスのクラブ「パリ・サンジェルマン(PSG)」のサポーターが乗るバス内で刃物などの凶器が見つかったとして、最多50人のスタジアムへの入場を阻止したと報告した。

女子のサッカー試合で凶器などが発見されるのは異例。警視庁は声明で、刃物の他、けんかなどに使われる握りこぶしにはめる金属品も押収したとし、違法薬物の所持で男1人が逮捕されたとも述べた。

凶器の発見などは21日で、ロンドン南西部にある「キングズメドー・スタジアム」外で暴力的な損害をもたらすファンがいるとの情報で警官が出動していた。

警視庁によると、同日にはロンドンの2カ所の鉄道駅でPSGファンらによる散発的な騒乱行為を起きたとの情報もあった。これら人物を特定し、21日夕には同スタジアムへの入場を拒んで乗車していたバス内を捜索し、凶器などを見つけた。

一方、PSGは公式サイト上で22日、ロンドン警視庁や対戦相手のチェルシーを批判し、自らのサポーターを擁護する声明を発表。地元当局は不正行為の証拠を一切提示せず、スタジアム入場禁止を正当化する重要な事実も示していないと主張した。

21日の準々決勝第1戦ではチェルシーが2-0で勝利。アウェーとなる第2戦は3月27日にパリで開催予定。チェルシーの監督は今回の騒ぎを受け、サポーターがパリでの応援を控えないよう呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]