全米テニス準優勝のセリーナ、暴言などで189万円の罰金

大会関係者に抗議するセリーナ・ウィリアムズ(右)/Elsa/Getty Images North America/Getty Images

大会関係者に抗議するセリーナ・ウィリアムズ(右)/Elsa/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 全米テニス協会(USTA)によると、8日の全米オープン(OP)女子シングルス決勝で大坂なおみに敗れた米国のセリーナ・ウィリアムズが、試合中の暴言などで計1万7000ドル(約189万円)の罰金を科された。

ウィリアムズは決勝の第2セットで客席のコーチから指示を受けたとの警告を受け、主審に「私はずるいことはしない」などと抗議した。

その後、ラケットをコートにたたき付けた行為で1ポイントのペナルティーを科され、さらに主審を「私からポイントを盗んだどろぼう」と呼んだ暴言で1ゲームを失った。

ウィリアムズはトーナメント・レフェリーらを呼び出し、「もっとひどいことをする男子選手はたくさんいる」と主張。試合後の記者会見でも、主審がこれまで男子選手に「どろぼう」と呼ばれて1ゲームのペナルティーを科したことはないと語り、男女差別を訴えた。

しかし表彰式では大坂の優勝に祝意を表し、客席に「もうブーイングはやめよう」と呼び掛けていた。

USTAによると、罰金の内訳はコーチングで4000ドル、ラケットの破壊で3000ドル、暴言で1万ドル。全額が国際テニス連盟(ITF)の基金に寄付される。

ウィリアムズは全米OP準優勝で185万ドルの賞金を獲得している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]