アルゼンチン、劇的勝利で決勝Tへ クロアチアは3連勝

アルゼンチンがロホのゴールで決勝トーナメント進出を決めた

アルゼンチンがロホのゴールで決勝トーナメント進出を決めた

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は26日、グループDの1次リーグ最終戦でアルゼンチンとナイジェリアが対戦し、アルゼンチンが終了間際のゴールで決勝トーナメント進出を決めた。グループDのもうひと試合はクロアチアがアイスランドを下した。クロアチアは3連勝となった。

アルゼンチン対ナイジェリアの試合は、前半14分にエースのメッシが今大会初となるゴールを決めてアルゼンチンが先制した。軽快な動きを見せるメッシがチームを牽引(けんいん)。メッシのゴールは今大会通算100点目となった。

引き分けでも決勝トーナメントへの進出が可能なナイジェリアは、後半6分にPKを決めて追いつく。

後半30分には、アルゼンチンのロホにハンドがあったとナイジェリアが主張したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でも判定は覆らず、PKとはならなかった。

同点のまま終了かと思われた後半41分、アルゼンチンのメルカドからのクロスに合わせたロホがゴールを決めた。これが決勝点となり、1次リーグ最初の2試合を1分1敗と苦しんだアルゼンチンが決勝トーナメントへと滑り込んだ。

スタジアムには、アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏も訪れており、大喜びする姿なども見られた。

ロシアW杯 試合日程と結果

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]