フェルプスさん「選手のうつに五輪委の支援を」 幼少期の悩みも語る

五輪後に、うつになる選手も少なくないという

五輪後に、うつになる選手も少なくないという

水泳はフェルプスさんの逃げ場だった。水の中で不満を吐き出すことを覚えた。怒りにまかせて攻撃的な泳ぎを繰り返した時期もある。その一因は恐らく家庭環境の問題だったと、フェルプスさんは言う。「あの頃はよく、水中で暴言を吐いたものです」

フェルプスさんは現在「マイケル・フェルプス財団」の活動を通し、精神的な問題に悩む人々を支援している。自分の経験を語ることで助けられる命があることを、フェルプスさんは知っている。

「1人の命、2人の命を救うことができれば、それが私の望む全て。それは私にとって、1個の金メダルを取ることよりはるかに大きいことです」と力を込めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]