フェルプスさん「選手のうつに五輪委の支援を」 幼少期の悩みも語る

フェルプスさんは自身のうつ病についても公表している

フェルプスさんは自身のうつ病についても公表している

フェルプスさんは対談で、感情を口に出せるようになったことが回復の鍵になったと強調し、自身の生い立ちを振り返った。

幼いころに両親が離婚し、片親の家庭に育ったのは「つらかった」という。父は家にいたことがなく、良い関係を築けなかった。子ども時代を通して「見捨てられた思い」を抱き続けた。

「白い柵で囲われた庭と家族がそろう食卓にあこがれて育った。友だちの家にはあるのに、と」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]