エベレスト登山に年齢制限は必要か 85歳登山家の死亡受け

2017.05.09 Tue posted at 13:06 JST

[PR]

ニューデリー(CNN) 85歳で史上最高齢のエベレスト登頂記録更新に挑んでいた登山家が、ベースキャンプで心臓発作のため死亡した。この登山家の死を契機に、エベレスト登山に年齢制限をかけるべきかどうかを巡る論議が再燃している。一方で、登山家の死亡と年齢との間に相関関係は見られないとの統計もある。

死亡したのは登山家のミン・バハドゥール・シェルチャンさん。過去に史上最高齢でエベレストを制覇した記録を持ち、この記録の奪還を目指していたが、ネパール登山協会(NMA)によると、6日午後、心臓発作のためベースキャンプで亡くなった。

NMAのシェルパ会長はシェルチャンさんについて、「健康状態は良好で、毎日15キロ歩いていた。しかし年齢が大きな要因になったと思う」と指摘。「エベレスト登頂には年を取り過ぎていたが、意思が非常に強かった」と振り返った。

エベレスト登頂にはチベット側の北ルートと、ネパール側の南ルートがある。チベット側のルートについては中国当局が18歳~60歳までとする年齢制限をかけているのに対し、ネパール側のルートは下限のみ16歳以上と定められ、上限はない。

上限を定めることについてシェルパ会長は、「以前から計画はあったが、一部が反対していた。しかし今こそ規制が必要だ」と強調。「75歳を上限とすべきだ。ただしこれは私の意見であって、政府やNMAの意見ではない」と話している。

一方、ネパール観光協会のバッタライ局長は、「現時点で年齢制限は検討課題になっていない」と述べ、内部で論議する段階にさえないと語った。

冒険家支援サイトがまとめた統計によると、登山家の死亡と年齢との間に相関関係は見られない。

1922~2006年にかけて登頂に挑んだ1万1000人のうち、29歳以下の登山家の死亡率は2%に満たない。

メールマガジン

[PR]