3千年の謎解ける、ラムセス3世の死因は喉を切られての暗殺

ラムセス3世

ラムセス3世

(CNN) 古代エジプトの「最後の偉大な王」と呼ばれるラムセス3世の死因について、これまで蛇に噛まれたとする説や毒殺説など諸説が存在したが、最新の研究で王は喉を残忍な方法で切られて殺害されたことが明らかになった。

研究者によれば、王は複数いた妻の1人とその息子が王位継承を狙って企てた陰謀によって何者かに殺害されたという。

英国医師会雑誌(BMJ)に発表された研究結果によると、ラムセス3世のミイラに何重にも巻かれた包帯を除去した後、遺体をコンピューター断層撮影(CT)を使ってスキャンした結果、喉に鋭利な刃物によると見られる深い切り傷が確認されたという。王は、喉や首、複数の動脈を残忍な方法で切られ、即死だったとしている。

また1886年に包帯が除去された際にミイラの首の周りの襟に損傷は見られなかったことから、傷が死後に付けられたとは考えにくいという。

暗殺説を裏付けるもう1つの証拠は、「ホルスの目」のお守りが切り傷の中にあったことだという。このお守りが、傷から入り骨まで達した均質物質とともに切り傷の軟部組織の奥深くにあったということは、遺体の防腐処理がなされた時点ですでに傷が存在したことを裏付けるものだとしている。

またこの研究で、王の殺害を企てた妻とその息子も特定された。殺害を企てたのは王の息子のペンタウアー王子で、王子は裁判で有罪となり、その後自殺を図ったという。

ペンタウアー王子と見られる男性がミイラ化された際、ヤギの皮で体を巻かれているが、当時、王族を埋葬する際に儀式上不浄とみなされていたヤギの皮が使用されることはまれで、王の殺害を企てた罰として取られた措置と見られている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]