「ロックの父」、チャック・ベリーさん死去 90歳

2017.03.19 Sun posted at 13:43 JST

[PR]

(CNN) 音楽界のパイオニアで「ロックンロールの父」として知られるチャック・ベリーさんが18日、米ミズーリ州セントルイス郊外の自宅で死去した。90歳だった。同州セントチャールズ郡の警察が明らかにした。

同警察のフェイスブックへの投稿によれば、通報を受けた当局者が住宅へ向かうと、中で男性を発見したが反応がなかった。救命措置が取られたものの、その後、ベリーさんの死亡が確認された。

ベリーさんは、「ジョニー・B・グッド」や「スイート・リトル・シックスティーン」などの作品を手掛けた。

ベリーさんは1926年10月18日、セントルイスで生まれた(カリフォルニア州サンノゼで生まれたともいわれる)。6人きょうだいで、アフリカ系の中流家庭で育った。高校の演奏会で歌った後、ギターを演奏することを思い立ったという。

ベリーさんの訃報に接し、著名人から業績を称賛する声があがった。

ブルース・スプリングスティーンさんはツイッターで、ベリーさんを「最も偉大で純粋なロックンロールの作家」とたたえた。

ローリング・ストーンズは自身のサイトへの投稿で、「チャック・ベリーの訃報を聞いて非常に悲しんでいる。彼はロックンロールの真のパイオニアで我々に多大な影響を与えた。素晴らしいギタリストで、歌手で、パフォーマーであるだけでなく、最も重要なのは、ソングライターとして最高の職人だった。彼の歌は永遠に生き続ける」と述べた。

ベリーさんのことを最も簡潔に言い表していたのはジョン・レノンさんの言葉かもしれない。レノンさんはかつて、「もし、ロックンロールに別の名前を付けようとするなら、『チャック・ベリー』と呼ぶことになるかもしれない」と語っていた。

ベリーさんの曲は宇宙にも届いている。1977年に打ち上げられた2機の無人惑星探査機「ボイジャー」には地球上のさまざまな音を記録したレコード盤が収納されているが、レコードには「ジョニー・B・グッド」も収録されている。

メールマガジン

[PR]