リオ五輪プール、相次いで緑色に 藻が繁殖?

リオ五輪プール、相次いで緑色に 藻が繁殖?

リオデジャネイロ(CNN) リオデジャネイロ五輪会場のマリア・レンク水泳センターのプールが9日から10日にかけ、相次いで濃い緑色に変わった。原因についての説明は、国際水泳連盟(FINA)と地元組織委員会の間で食い違っている。

シンクロナイズドスイミングなどの競技が行われている飛び込み用プールは前日までは本来の水色に見えていたが、9日に突然、緑色に変色。10日には隣の水球用のプールも緑色になった。

原因についてはさまざまな説が飛び交っている。リオ五輪組織委員会の広報は、アルカリ度が突如変化したたためと説明し、「間もなく青色に戻る見通し」だと話した。

リオ五輪組織員会の声明では、会場内の暑さと通気不足のために藻が繁殖して色が変わったと発表。水質検査の結果、選手にとって危険はないことが分かったと強調し、10日までには正常に戻るはずだと説明していた。

これに対してFINAは運営側に責任があるとの見方を示し、「水処理の工程で使われる化学薬品の一部が底を突いた」と指摘した。暑さや通気不足には言及していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]