観客が抗議の絶叫 SW新作の上映中に中断、先送りされ再開

ハリウッドの映画館では機械の故障で、上映が中断される出来事があった

ハリウッドの映画館では機械の故障で、上映が中断される出来事があった

(CNN) 超話題作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を見ようと観客が詰めかけていた米ハリウッドの映画館で、上映が突然中断され、途中を飛ばしたまま続きが始まってしまうハプニングがあった。観客は騒然となり、場内には抗議の絶叫が響き渡った。

「フォースの覚醒」が公開され、全米の劇場が満員になった18日夜。ハリウッドのアークライト・シアターでは上映途中で突然、プロジェクターが停止した。

同館にいた観客のエリック・メレンデスさんによると、上映は間もなく再開されたものの、物語は中断された箇所から15~20分先送りされていた。

ほどんどの観客は、物語の展開がないままエンディングを見る羽目になるのではないかと危惧したという。

メレンデスさんはフェイスブックにその時の場内を映したビデオを投稿。観客は騒然となり、「ノー、ノー、ノー!」と絶叫する男性もいた。

「見終わった今になって、あれはエンディングではなかったと分かった。でもあの時は映画が早送りされ、ネタがバラされて終わりになるのかと思った」とメレンデスさんは話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]