ウルグアイがイタリア破る スアレスにかみつき疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スアレスにかみつき疑惑

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は24日、第13日の1次リーグD組最終戦でウルグアイがイタリアを1―0で破り、決勝トーナメント進出を果たした。イタリアは2大会連続で1次リーグ敗退となった。

試合は前半0―0のまま折り返し、後半にウルグアイが1点を決めた。その直前、同国のFWスアレスがイタリアのDFキエリーニともつれあって転倒。テレビ映像ではスアレスがこの時、キエリーニの肩に顔をうずめたように見えた。立ち上がったキエリーニはシャツを引いて肩を見せ、スアレスにかみつかれたとアピールしたものの、審判はファウルを取らなかった。

スアレスは「衝突しただけ」と主張するが、かみつきが事実なら最大で24試合または2年間の出場停止処分を受ける可能性がある。国際サッカー連盟(FIFA)の報道担当者はこの件について「試合の公式記録を待ち、必要な情報をすべて集めて判断する」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]