4千円でまとめ買いの絵画に4千万円の値打ち 英国

ロンドン(CNN) 英国の男性が10年以上前に30ポンド(現在のレートで約4600円)で買った段ボール箱に入っていた絵画が、英巨匠ジョン・コンスタブルの作品だったことが分かり、25万ポンド(約3900万円)の値打ちがあると鑑定された。

持ち主のロビン・ダーベルさんは10年以上前、イングランド南部のカンタベリーで、段ボール1箱分のオークション品をまとめ買いした。この箱の中に、青空の下の樹木と牧草地を描いたはがき大の風景画があった。金色のフレームの裏には消えかけた署名が入っていた。

引き出しの奥で眠っていたこの絵画をダーベルさんから受け継いだ息子のロバートさんは、英国の鑑定番組で有名な専門家に鑑定を依頼。専門家は署名やカンバスなどを手がかりに、ジョン・コンスタブルの作品と断定した。

ロバートさんは、「真相を知ってものすごくうれしかったと同時にショックを受けた。まだ実感がわかない」と興奮した様子。

作品はコンスタブルが義父へのプレゼントとして描いたものと思われ、これまで一般に展示されたことはないようだという。

絵画は安全のため銀行の保管庫に預けられた。ダーベルさんは、修復を済ませた後に美術館と交渉して一般展示したい考えだ。

コンスタブル(1776~1837年)は英国のロマン派の画家で、出身地サフォークを中心とする英国の田園風景を描いた作品で知られる。

昨年ロンドンで開かれたクリスティーズのオークションでは、コンスタブルの作品が2240万ポンド(約35億円)で落札されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]