米ロックバンドがロシア国旗をパンツの中へ 出演取り消しに

ロシアでのイベントの出演が取り消された「ブラッドハウンド・ギャング」

ロシアでのイベントの出演が取り消された「ブラッドハウンド・ギャング」

モスクワ(CNN) 米ロックバンド、ブラッドハウンド・ギャングがウクライナの公演で見せた行為をめぐり、ロシア当局の怒りを買っている。

同バンドはウクライナのオデッサで7月31日に行ったコンサートで、メンバーの1人が「プーチン(ロシア大統領)には言うなよ」と言いながら、ロシア国旗を自分のパンツの中に押し込み、足の間を通して後ろ側から引っ張り出して見せた。その国旗は観客の中に投げ入れた。

この様子が動画共有サイトのユーチューブに投稿され、ロシアとウクライナで閲覧が集中。ロシア国営RIAノーボスチ通信は、問題行動をしたメンバーをバスギター奏者のジャレド・ハッセルホフと特定した。

同バンドはロシア南部のクラスノダール・クライで1日に始まった音楽フェスティバル「クバナ」に出演予定だったが、今回の騒ぎが原因で出演を取り消された。

ロシアのメジンスキー文化相は2日、短文投稿サイトのツイッターで「ブラッドハウンド・ギャングの馬鹿者どもは、クバナには出演しない」と発表した。

同バンドのメンバーの1人はCNNの取材に対し、クラスノダール・クライの空港で3日、男たちに囲まれて殴る蹴るの暴行を受けたと話している。メンバーに大きなけがはなく、次の便を待つ間はロシアの警官が警備に付いてくれたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]