ロンドンで盗まれたストラディバリウス、2年半ぶりに発見

2013.07.31 Wed posted at 15:43 JST

[PR]

(CNN) 英鉄道警察は30日、ロンドン市内で2010年末に盗まれたバイオリンの名器「ストラディバリウス」を、イングランド中部の民家で発見、回収したと発表した。

見つかったのは1696年製のストラディバリウス。100万ドル(約9800万円)以上の価値があるとされるバイオリン本体と、計10万500ドル相当の弓2本が、ともにほぼ無傷のまま回収された。

捜査を率いた刑事部長は「長期にわたる複雑な捜査の結果、バイオリンを回収できたことをうれしく思う」と話し、捜査には警察内の別のチームや保険会社、骨董(こっとう)品業者らの協力があったことを強調した。

持ち主のバイオリニスト、キム・ミンジンさんは当時、ロンドン市内の駅近くでバイオリンと弓の入ったケースがなくなっていることに気付いて警察に通報した。同事件に関連して翌年、10代の若者2人が逮捕され量刑を言い渡されたが、楽器自体は見つかっていなかった。ミンジンさんは「事件のことを毎日考え、夢の中にも出てきた」と振り返り、発見の知らせに感激していると話した。

ストラディバリウスは、1600年代にイタリア・クレモナ出身のアントニオ・ストラディバリが製作した弦楽器群。ストラディバリは計1116本の楽器を作ったとされ、そのうちビオラ、チェロ、マンドリン、ギターを含む600本以上が現存する。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]