絶滅危機のアジアチーターに三つ子誕生、飼育下の繁殖は初 イラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジアチーターの生息数減少のためイラン当局は繁殖プログラムを設立している/Atta Kenare/AFP/Getty Images

アジアチーターの生息数減少のためイラン当局は繁殖プログラムを設立している/Atta Kenare/AFP/Getty Images

2頭の間では今年1月以降に計17回、交尾行動が確認されていた。

三つ子の誕生によって、イランに繁殖力があり、今後5年間ほど妊娠、出産を期待できることが分かった。

アジアチーターはかつて中東からロシアまで広い範囲に生息していたが、現在確認されているのはイランのみ。イラン・チーター協会によると、野生のアジアチーターは子どもを除くとわずか12頭しか残っていないとみられる。

アフリカのチーターとよく似ていて、どちらも最高時速128キロの速さで走ることができるが、アジアチーターのほうが色が薄く、毛並みが厚いという特徴がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]