兵士だった亡き夫の手紙、76年を経て妻の元に 米マサチューセッツ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1980年代に家族旅行で米ハワイに行った際のアンジェリーナ・ゴンサルベスさんとジョンさん/Courtesy Brian Gonsalves

1980年代に家族旅行で米ハワイに行った際のアンジェリーナ・ゴンサルベスさんとジョンさん/Courtesy Brian Gonsalves

母親に宛てた手紙の中でジョンさんは、駐留していたドイツ・バートオルプの食事のまずさや天気の悪さを訴え、太陽が出たのは1カ月で半日だけだとこぼしていた。手紙は家族への愛情の言葉で締めくくられ、封筒には6セントの切手が貼られていた。

息子のブライアン・ゴンサルベスさんは「父の言葉を読んで母の顔が明るくなるのは見ていてうれしかった」と話している。

手紙はジョン・ゴンサルベスさんから母に宛てられていた/Courtesy Brian Gonsalves
手紙はジョン・ゴンサルベスさんから母に宛てられていた/Courtesy Brian Gonsalves

ジョンさんの手紙に添えられた郵政公社の説明によれば、この手紙は昨年、ピッツバーグにある郵政公社の配送センターで見つかった。職員は、家族の歴史を物語る兵士からの手紙の大切さを認識して、ジョンさんの親類を探し始めたという。

「あなたの夫が15年に亡くなったことを知りました」と郵政公社からの手紙には記されている。「同施設の郵便職員による献身的な探偵活動のおかげで、あなたの住所を探し当てることができ、この手紙を届けられました。76年遅れではありますが。この年代とあなたの家族の歴史にとっての重要性を考えると、この手紙の配達は私たちにとって最重要課題でした」

アンジェリーナさんが手紙を受け取ったのは、クリスマス前の12月9日だった。息子は素晴らしいクリスマスプレゼントだったと振り返り、「父がホリデーシーズンに帰って来たみたいだった」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]