スノーモービルで遭難の若者、自作の雪洞で助かる カナダ

スノーモービルで遭難した少年は、自分で雪洞を作って避難し、無事に救出された/South Cariboo Search and Rescue

スノーモービルで遭難した少年は、自分で雪洞を作って避難し、無事に救出された/South Cariboo Search and Rescue

(CNN) カナダ西部ブリティッシュコロンビア州の山でスノーモービルを走らせていて仲間とはぐれた少年(17)が、雪に自力で穴を掘って避難場所を作り、その中で一夜を過ごして無事に救助された。

少年は16日、家族や友人らとスノーモービルで走行中にはぐれて行方不明になった。地元の救難ボランティア団体が連絡を受け、午後6時すぎに警察に通報した。

少年は翌日、救難チームに発見されて無事救助された。知らない場所に迷い込み、何度か脱出を試みてあきらめた後、スノーモービルを広い場所に止めて近くの林まで歩いた。そこで雪に穴を掘り、一夜を過ごしていた。

同団体はフェイスブックへの投稿で、少年が「やるべきことを全てやった」と称賛した。発見時は穴の中にいて食料も水もあり、体調も良好だったという。警察は同団体に感謝するとの声明を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]