道路に出没するワニに警戒呼びかけ、繁殖期迎え獰猛に 米フロリダ州

米南部フロリダ州では、ワニが繁殖期を迎えたとして警戒を呼び掛けている/Manatee County Sheriff's Office

米南部フロリダ州では、ワニが繁殖期を迎えたとして警戒を呼び掛けている/Manatee County Sheriff's Office

(CNN) 米フロリダ州の当局が道路を通行する車両に対し、ワニに警戒するよう促している。

同州マナティー郡保安官事務所はフェイスブックを通じ、「ワニが繁殖シーズンを迎えました。普段より動きが活発になり、獰猛(どうもう)になるかもしれません」と警告した。

フロリダ州魚類野生生物保護委員会(FWC)によると、ワニは春を迎えて気温が上昇すると、活動が活発になる。求愛行動は4月から始まり、5月から6月にかけて繁殖シーズンが続く。

保安官事務所によると、公道を走行する車両が体長約2.7メートルのオスのワニに襲われそうになる騒ぎも発生。このワニは捕獲され、別の場所へ移された。

フロリダ州には約120万頭のワニが生息する。当局は住民らに対し、ワニに構ったり餌を与えたりしないよう呼びかけ、迷惑している場合はFWCに通報するよう促している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]