ヒトラーとユダヤ系少女の写真が競売に、130万円で落札

ユダヤ系の少女と一緒にヒトラーが写った写真が競売にかけられた/Alexander Historical Auctions

ユダヤ系の少女と一緒にヒトラーが写った写真が競売にかけられた/Alexander Historical Auctions

(CNN) ナチス・ドイツのヒトラーが「恋人」とも称していたユダヤ人の祖母を持つ少女と仲むつまじく交歓する様子の写真が米国でこのほど競売に付され、1万1520ドル(約130万円)で落札された。

落札者の身元は明かさない方針。ただ、競売元の米企業「アレクサンダー・ヒストリカル・オークションズ」の幹部は外国人と明かした。

同社によると、この少女の名前はローザ・ベルニーレ・ニーナウさん。17歳だった1949年10月5日、ポリオを患い病院で死去していた。

1933年4月20日、ヒトラーがドイツ南部ババリア地方に保有していた別荘で誕生日を祝っていた際、ニーナウさんは母親と共に家屋外に集まった群衆の中にいた。

ヒトラーがニーナウさんの誕生日も同じ日と知った後、即座に心を奪われ、交流が深まったという。ヒトラーが信頼する写真家ハインリヒ・ホフマンが2人一緒の写真を撮影してもいた。

ヒトラーは写真の1枚に「親愛なるローザ・ニーナウ」などの文字を自ら記し、同年6月16日、ミュンヘンにいたニーナウさんの母親に届けてもいた。

アレクサンダー・ヒストリカル・オークションズ社は出品品目の写真説明の中で調査結果に触れ、「ヒトラーは早い段階でニーナウさんのユダヤ系の出自は承知していたが無視した。個人的もしくは政治宣伝の理由のためだった」とした。

その後、ヒトラー側近のマルティン・ボルマンがニーナウさんがドイツ人の「純潔」な系統にはないことを見付け、母娘がババリアの山荘に近付くことを禁じた。しかし、ニーナウさんとヒトラーの文通はボルマンが恒久的な禁止措置を講じた1938年まで続いたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]