海洋生物の新種発見、太平洋の海溝で

海洋生物の新種発見、太平洋の海溝で

(CNN) 地球上で最も深い場所の1つとされる太平洋東部のペルー・チリ海溝を探索していた研究者らがこのほど、新種の海洋生物3種を発見した。

南米大陸の西岸に沿って位置するこの海溝は、長さ約6000キロ。深さは8000メートルに及ぶ。探索は複数のカメラやわなを搭載した装置2体を海底に沈めて行われた。装置が海底に到達するまでには4時間かかった。

カメラがとらえた映像には、クサウオの仲間とみられる新種の魚類3種が映っていた。研究者らはこの魚類について、非常にもろい体をしており、海面へ引き上げられると急速に形が崩れてしまうと説明する。

このほか長い脚をもつ小型の甲殻類が逆さまになって泳いだりする様子も確認できる。

研究者らは、海溝の最深部に暮らす生物についての新たな情報が数多く得られたと、今回の探索の手ごたえを口にした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]