タイムズスクエアにミツバチ4万匹襲来、ホットドッグの屋台に群がる

タイムズスクエアにミツバチの大群が襲来。ホットドッグの屋台で一休み?/NYPD

タイムズスクエアにミツバチの大群が襲来。ホットドッグの屋台で一休み?/NYPD

ニューヨーク(CNN) 米ニューヨーク中心部のタイムズスクエアで28日午後、4万匹を超えるミツバチの大群が飛来してホットドッグの屋台の屋根に群がる出来事があった。うだるような暑さから逃れようと、新たな巣を求めて移動する途中だったと専門家はみている。

ニューヨーク市警に所属する養蜂の専門家、ダレン・メイズ巡査は「既存の巣で温度や湿度が上昇し、ハチの数が増えすぎた。新しい住みかを見つけて、涼しい環境を手に入れたかったのだろう」と説明した。

ニューヨーク市警にはダレン巡査を含む2人の専門家が所属。ミツバチに関するツイッターの公式アカウントも運営しており、今回の大群の飛来について投稿するとユーザーから多くの反響が寄せられた。

ダレン巡査によれば、ミツバチたちは近くの建物の屋上にあった巣を捨てて、新たな住みかを探していたとみられる。

屋台があったのはブロードウェーと西43番街との交差点。ミツバチの専門知識を持つもう1人の警官、マイケル・ローリアーノ巡査が現場に急行し、防護用のヘルメットなど完全装備を施したうえで、掃除機で45分かけて慎重にハチの群れを除去した。

メイズ巡査はこれらのミツバチについて、無事に巣箱の中へ回収したことを確認した。この後警察の車でロングアイランドの養蜂場に送られるという。

ニューヨーク市警によると現場の通りは封鎖され、けが人は出なかった。市警の広報担当官は、今回のような規模のミツバチの群れは時おりマンハッタン周辺に現れるとし、そのために養蜂の知識を持つ警官が必要になると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]