空から数千匹の魚、湖に「放流」する動画公開 米

空から数千匹の魚を「放流」

(CNN) 米ユタ州の野生生物資源当局は1日までに、高山地帯にある湖に空から魚を「放流」する光景を収めた動画を公開した。動画には数千匹の魚が航空機から投下される様子が映っている。

ユタ州では1956年から空中投下の方法で釣り用の魚を放流しており、毎年200以上の湖で空からの補充が行われている。

パイロットは樹木すれすれの高度を飛行して魚を投下。航空機による1回のフライトで体長5センチほどの魚を最大3万5000匹投下できる。

投下されて生き延びる魚は全体の約95%。対象となる湖は通常、自然繁殖がなく魚が生息していない場所だ。

以前は金属製の牛乳缶に魚を詰め、車両や馬で湖まで運んでいたが、空中投下はこうした従来の方法よりも魚に与えるストレスが少ないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]