オランダ国王、KLM旅客機操縦の「副業」明かす

2017.05.18 Thu posted at 16:54 JST

[PR]

(CNN) オランダのウィレム・アレクサンダー国王は18日までに、同国最大手のKLMオランダ航空の子会社の旅客機を過去21年間、秘密裏に定期的に操縦していた事実を公表した。

地元紙テレグラフとの会見で述べた。KLMの短距離線の子会社であるKLMシティーホッパー航空の副操縦士を「趣味」でパートタイムで務めていたと明かした。これより前には、同じくオランダの航空会社マーティンエアの機材を操縦していたという。

これらの操縦は月2回程度で、王室の務めに伴う緊張感を解き放すのが目的と指摘。「私にとって最も重要なことは完全に集中出来る趣味を持つことだ」と述べた。

KLMシティーホッパーのフォッカー70型機の代替機材となる米ボーイング社製の737型機の操縦訓練を終えたことも明らかにした。

オランダ王室の公開情報によると、国王は航空機の操縦桿(かん)を初めて握ったのは30年以上前の学生時代。その魅力のとりことなり、1980年後半にはケニアへ赴き、医療支援団体や野生生物保護当局にボランティアの操縦士として仕えたという。

航空機を操縦する世界の王室関係者はウィレム・アレクサンダー国王だけではない。英国のチャールズ皇太子は正式免許を持ち、息子のウィリアム、ヘンリー両王子は軍でヘリコプターを飛ばしていた。

ただ、ウィレム・アレクサンダー国王の操縦士としての知名度は知られていなかった。2001年の米同時多発テロ後、操縦室への乗客の立ち入りが厳しくなったのが原因とされる。しかし、副操縦士として乗り込めば乗客に連絡事項を伝える際も匿名で通せる利点があるとしている。

メールマガジン

[PR]