牧師、信者の顔に殺虫剤浴びせ痛み治療? 南アで物議

信者に殺虫剤のスプレーを吹き付ける南アの牧師レセボ・ラバラゴ氏

信者に殺虫剤のスプレーを吹き付ける南アの牧師レセボ・ラバラゴ氏

ヨハネスブルク(CNN) 南アフリカの教会の牧師が体の痛みなどを治せるとして信者の顔に「殺虫剤」のスプレーを浴びせる処置の画像がソーシャルメディア上で拡散し、国民が反発したり殺虫剤の製造元が懸念する騒ぎとなっている。

この牧師は同国リンポポで活動するレセボ・ラバラゴ牧師。フェイスブックの自らのページにこれまで様々な疾患を治したとして信者の顔に殺虫剤を吹きかける写真を公開した。

また、信者1人がこの措置を受けて背中と腹部の痛みが消えたとの証言も最近書き込んだ。鼻が詰まっていたが、スプレーをかけてもらった後、解消して神に感謝したとの発言も添えていた。

同牧師は電話によるCNNの取材に応じなかった。ただ、南アのテレビ局eNCAとの会見では、神から殺虫剤を使うようにとのお告げがあったとし、これまで数え切れないほどの人間の治癒(ちゆ)に成功したと誇示した。

一方、「ドゥーム・スーパー多用途殺虫剤」の製造企業タイガー・ブランズは声明で、憂慮すべき事態であり極めて懸念を抱かせる使い方とし、人間の顔に吹きかけるのは安全ではないと強調した。

その上で顔に浴びた場合、洗顔し直ちに目を洗浄すべきと助言し、過度の吸い込みも避けるよう促した。

ソーシャルメディア上では牧師のやり方を強く非難し、不信や不安を示す書き込みも相次いだ。

南アフリカでは現在、文化、宗教や言語の保護などに当たる委員会が宗教の商業化や信仰の悪用への調査を進めている。同委は報道機関向け声明で、ラバラゴ牧師の事例に触れ、衝撃的な嫌悪感を催させるものと指摘。「全ての人間は健康などに有害な状態にさらされるべきではない」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]