闘牛士が死亡、生放送中に牛に突かれる スペイン

(CNN) スペイン東部のアラゴンで、プロの闘牛士が競技中に牛に角で突かれて死亡したことが11日までに分かった。競技の様子はテレビで実況中継されていた。

アラゴンの闘牛場で死亡したのは闘牛士のビクトル・バリオさん(29)。主催者の9日の発表によると、同地で6年のキャリアを持つ闘牛士だった。闘牛場はバリオさんをしのんで黙とうをささげる。

一方、パンプローナで行われた牛追い祭りでは、日本人男性(33)が牛に胸を突かれるなどして14人が負傷した。

スペインでは夏になると毎年各地で牛追い祭りが開かれる。特にパンプローナの牛追い祭りは400年の歴史をもち、アーネスト・ヘミングウェイの1920年代の小説「日はまた昇る」で有名になった。

7月に8日間にわたって開かれる祭りの期間中、パンプローナの20万人の人口は3倍にも膨れ上がる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]