先月公開のガラス橋を封鎖、訪問客過多で 中国

2016.09.03 Sat posted at 15:50 JST

[PR]

(CNN) 中国湖南省張家界の大峡谷で今年8月20日に開通し、世界で最も高い場所に位置し、最も長いと宣伝されていた「ガラス橋」が2日閉鎖された。同大峡谷の宣伝担当当局はCNNの取材に訪問客が多過ぎるのが閉鎖の理由と述べた。

1日当たりの訪問客は8000人に限定していたが、実際の需要はこの10倍程度に膨れあがっていたという。

橋の構造部分での亀裂や損傷の有無については「問題はない」と明言。開通以降、事故もなかったとしている。中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」に載った声明は、橋の構造体の改善や更新の必要性が差し迫っているため公開を中断したと述べた。中断期間中には、駐車場を含む関連施設だけでなく、販売予約システムや顧客サービスなどの改善も行うという。

再開通の時期は不明。

橋の全長は430メートルで、地上からの高さは300メートル。張家界大峡谷の2カ所の崖の間にかけられている。橋の通路部分には透明な強化ガラスが敷かれ、スリルを楽しみながら渡る仕掛けとなっている。

設計したのはイスラエルの設計事務所ハイム・ドタン。CNNは今回の公開中断についてコメントを求めたが、回答は今のところない。

メールマガジン

[PR]