銃撃された警官、バッジが銃弾止めて命拾い 米2州で

2016.09.01 Thu posted at 19:16 JST

[PR]

(CNN) 米国内で1日までに、捜査中の警官が容疑者の発砲を受けたものの銃弾が警官バッジに当たり、命拾いする出来事が2件起きた。

カリフォルニア州ハンティントンビーチでは警察車両が高速で容疑者の車を追っている最中に銃撃戦が発生。1発が警察車両の正面の窓ガラスを突き付けて警官1人に命中したが、警官バッジに救われていた。

容疑者の車はこの後、路上から逸脱して衝突。容疑者はこの際の負傷で死亡した。

ネバダ州ラスベガスでは州警察の警官による車の停止命令を受けた容疑者が車内から逃走。徒歩での追跡中に容疑者が発砲し、警官の胸部に当たったがバッジに助けられた。容疑者はその後の銃撃戦で射殺された。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]