フィリピンLCC、機内で誕生の赤ちゃんに百万マイル贈呈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乗客の女性の出産に対応したセブ・パシフィック航空のクルーたち

乗客の女性の出産に対応したセブ・パシフィック航空のクルーたち

(CNN) ドバイ発マニラ行きのセブ・パシフィック航空便の機内で先ごろ、乗客の女性が出産する出来事があった。ヘブンと名付けられたこの女の子の赤ちゃんに対して、航空会社は100万ポイント分のマイレージを贈った。

出産は予定日より5週間以上早かったといい、乗客の看護師2人が客室乗務員とともに介助した。一方、パイロットは着陸先をインドのハイデラバードに変更、受診の手配を依頼した。

セブ・パシフィック航空はフィリピンの格安航空会社(LCC)。機内での出産事例は同社では初めてだという。

同社のランス・ゴコンウェイ最高経営責任者(CEO)は、ヘブンちゃんに同社のマイレージプログラムで100万ポイントを進呈すると発表。使用期限はなく、家族と分け合って使ってもいいという。

「母子ともに健康であることを本当に喜ばしく思うとともに、運航乗務員と客室乗務員が最高のプロ意識と能力でこの状況に対応したことを称賛したい」とコゴンウェイCEOは述べた。「また、赤ちゃんが無事産まれてくるようボランティアで協力してくれた2人の看護師に心からの感謝を表明したい」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]