洪水で流されたゾウ、救出されるも力尽きる

ゾウは救助されたものの、その後死亡した

ゾウは救助されたものの、その後死亡した

(CNN) インド北東部アッサム州で洪水に遭い、1000キロ近く離れたバングラデシュ北部で11日に救出されたゾウが、16日早朝に力尽きて死んだ。

バングラデシュの環境森林省当局者がCNNに語ったところによると、ゾウは長旅で疲れ果て、心身両面に大きなストレスがかかっていた。解剖の結果、死因は心臓発作だったことが分かった。

ゾウはアッサム州で群れからはぐれ、川を渡るなどしてバングラデシュまでたどり着いた。インドとバングラデシュのチームが救出に乗り出し、最後は村の住民がロープと鎖で池から引き上げた。

同当局者によると、救助チームは14日、ゾウに鎮静剤と栄養を与えた。チームはさらにポンプで水を与えたり点滴をしたりして脱水症状を抑え、抗生物質も打つなど手を尽くしたが、命を助けることはできなかったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]