NY女性が実践する「ごみゼロ生活」<2> 1人でも世の中は変えられる

我々が使うプラスチックの22~43%がごみ捨て場に行くという調査も

我々が使うプラスチックの22~43%がごみ捨て場に行くという調査も

最後に、自分が使用する製品を変える。例えば、竹製の歯ブラシを使用したり、ボトルに入った液体ソープではなく固形のせっけんを使ったり、家を掃除する際、市販の化学薬品ではなく酢を使ってみる。やってみると、これらの方が効果的で安上がりと気付くだろう。

大して費用はかからない

シンガーさんはこれまでに生活費を大幅に節約できただけでなく、一般の人に比べはるかに健康的な食生活を送っている。この最小限の物で暮らす「ミニマリスト」的なライフスタイルをシンガーさんは大変気に入っているが、このライフスタイルはごく少数の特権階級の人々のためだけのものではないという。

「これはオーガニック製品を買う余裕のある上流階級の白人だけの話と思われがちだが、まったくおかしな例えだ。私は逆にごみゼロの生活を送ることで、多くの物が買えるようになった」(シンガーさん)

目的がお金の節約であろうと、地球を救うためであろうと、ごみゼロのライフスタイルは試す価値がある。

シンガーさんは「私は自分のライフスタイルを変え、何千キロものごみの削減に成功した」とし、「1人でも世の中は変えられる。大事なのはそれを成し遂げたいと強く願うことだ」と付け加えた。

連載終わり

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]