1週間分のごみに囲まれ記念撮影 米写真家の連作が話題に

写真家グレッグ・シーガルが家族と一緒に

写真家グレッグ・シーガルが家族と一緒に

(CNN) 自分たちが出した1週間分のごみに囲まれて、家族で記念撮影――。米カリフォルニア州の写真家、グレッグ・シーガル氏の連作が話題を呼んでいる。

タイトルは「7日間のごみ」を意味する「7 Days of Garbage」。「目を止めずにはいられない写真にしたかった」と、シーガル氏は話す。

米環境保護局(EPA)の統計によると、2012年に米国人が出したごみは約2億5100万トン。世界全体のごみの約4分の1を占めた。米国の人口は世界人口の5%にも満たない。

シーガル氏は「問題が大きすぎると気づかないもの。これは途方もない問題だ」と指摘する。

同氏は昨年1月にこのプロジェクトを開始した。20組の家族やカップル、個人に自分たちのごみを持参してもらい、カリフォルニア州アルタデナの自宅の裏庭で撮影することに。背景には雪原や森林、砂浜を再現した。

自然の中に横たわる設定で撮ったのは、「汚されていない場所などない」という現実を示すため。多彩な顔ぶれを登場させたのは、「これはだれ一人として避けることができない、普遍的な問題」と訴えたかったからだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]