ネッシー伝説のネス湖で「怪物」発見、映画の小道具と判明

ネッシー伝説のネス湖で「怪物」?

(CNN) 海中探査などを手掛けるノルウェー企業は16日までに、伝説上の怪獣「ネッシー」で有名な英国スコットランドにあるネス湖で長い首と2つの背こぶを持つ「怪物」のようなものを発見したが、1970年の映画製作につかわれた小道具と判明したと発表した。

長さが約10メートルのこの小道具は、ビリー・ワイルダー監督、クリストファー・リー出演の同映画「シャーロック・ホームズの冒険」に使われていたものだった。撮影中に沈められたとみられる。

同企業「Kongsberg Maritime」の水中探査ロボットがネス湖の湖底でレーダー探知による高解像で見付けていた。同社はスコットランドの観光行政当局の依頼でネス湖で探査作業を進めていたという。

ネス湖の深さは約227メートル。

同社の関係者はCNNの取材に「水中探査ロボットは過去になかった深さでネス湖の様子を解明している」と強調。「ネッシーが見付かれば、思いがけないボーナス」と締めくくった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]