体長7.5メートル、世界最大級のヘビ死ぬ マレーシア

巨大なヘビは今月上旬に発見され捕獲されていた=マレーシア当局

巨大なヘビは今月上旬に発見され捕獲されていた=マレーシア当局

(CNN) マレーシア・ペナン島で今月に入り捕獲された体長約7.5メートル、重さ約250キログラムの世界最大級のニシキヘビが死んだことが13日までに分かった。

このヘビはこれまでに捕獲されたなかでも最大級の1匹とみられていた。ただし、「ギネス世界記録」に認定されている世界最大のヘビは、米ミズーリ州カンザスシティーの娯楽施設「ジ・エッジ・オブ・ヘル」で飼われている「メデューサ」で、体長は約7.67メートル。

今回マレーシアで死んだヘビは今月、ペナン島の建設現場で発見され、当局が捕獲していた。ヘビはおりに入れられ、食べ物と水を与えられていたものの、捕獲から3日後に死んだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]