世界最古級のコーランか 英大学のコレクション

「聖典」研究に新たな展開

ロンドン(CNN) 英バーミンガム大学が所蔵するイスラム教の聖典「コーラン」の写本が、現存する世界最古のものの一つだったことが判明した。

写本は同じ1冊のコーランから抜け落ちたとみられる2枚の羊皮紙で、これまで7世紀末のものだと考えられてきた。

だがバーミンガム大学が放射性炭素年代測定法を使って分析したところ、95%以上の確率で568〜645年に書かれたものだと判明した。

これはイスラム教の預言者ムハンマドが生きていた時代(570〜632年)に非常に近い。

この2枚は同大学の中東の写本コレクションである「ミンガナ・コレクション」の一部。イラク出身の聖職者アルフォンス・ミンガナ師によって1920年代に収集された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]